当院では、犬と猫の一般診療・予防・眼科・腫瘍科・整形外科・泌尿器科・循環器科・内分泌科・歯科・皮膚科・各検査を行っております。


犬と猫以外の小動物の専門医はおりませんので、必要に応じて他院をご紹介いたします。

1. ご来院される前に

●  できるだけ、連れてくる動物のことを一番よく分かっている方がお越し下さい。
●  吐いたり下痢を起こしている場合や、おしっこに異常がある場合は、吐瀉物や排泄物を
     できればお持ち下さい。
●  ワクチンの証明書、フィラリアやノミの予防薬投与履歴、
     いままでにかかった病気や怪我の資料があれば、お持ち下さい。
●  ご質問や症状の内容など、メモに書いてお持ちいただけると助かります!
●  口で説明が難しい咳、くしゃみ、発作のような症状は、動画が撮れるようなら
     お持ちいただけると、診察の助けとなります。




2. 受付へ

●  一般診察、ワクチン接種のご予約は不要です。
●  獣医師の指名がある場合は、受付にてお申し出下さい。




3. 診察室へ

●  飼い主様への問診と、必要に応じて様々な検査を行います。
●  診療内容や担当獣医師によって、順番が前後することがありますが、ご了承ください。




治療がはじまります

●  飼い主様をはじめ、かかりつけの先生ともご相談の上、治療がはじまります。
●  必要に応じて、様々な検査を行います。




※ 猫を連れてこられる方へ ※

猫の多くは、病院が嫌いです。緊張して、スキがあれば逃げようとします。
院内には多くの動物が出入りするために、驚いたり、診察をいやがって逃げ、
運悪く外へでてしまうと、見つからずにそのまま帰らないという事もあります。
大切な猫がおとなしく診察を受けてくれるように、次のことをおすすめします。

来院されるときは、リードをつけたり、ネットやゲージ、かばんなどに入れて下さい。

・洗濯ネット・・・猫は狭い所が好きなので、中でリラックスしてくれます。
   おとなしくなり治療もしやすく、最適です。
・かばん・・・チャックのついたものが便利です。
・ゲージ・・・持ち運びや清掃、消毒が簡単にでき、便利です。

治療までの流れ

病院紹介